【書籍紹介】両利きの経営(増補改訂版)―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く

【著者】チャールズ・A・オライリー、マイケル・L・タッシュマン
【出版】東洋経済新報社
【ジャンル】ビジネス・経済

探索と深化を同時に行う「両利きの経営」についての理論と実践を解説しています。これにより、企業は長期的な持続可能性と成長を実現することができます。具体的な事例と学術的な研究に基づいて、新規事業の開拓(探索)と既存事業の強化(深化)のバランスを取る方法を提示しています。この増補改訂版では、最新の事例や実践的な考察が追加されています。

両利きの経営(増補改訂版)―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く | チャールズ・A・オライリー、マイケル・L・タッシュマン | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

『両利きの経営(増補改訂版)―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く』は、現在のビジネスを守りつつ、新たなイノベーションにも積極的に取り組む「両利きの経営」の重要性を説くビジネス書です。この本では、変化の激しいビジネス環境において、企業が持続的な成長を遂げるためには、既存のビジネスモデルを最適化する「利き手」の能力と、新しいビジネスチャンスを探求する「非利き手」の能力の両方をバランス良く発揮する必要があると主張しています。

多くの企業が既存の成功モデルに固執するあまり、新しい機会を見逃し、長期的な成長の機会を損なっている実例を提示します。それに対し、両利きの経営を実践することで、企業は現在のビジネスを安定させながらも、将来の成長エンジンを同時に育成できると説明しています。

本書では、両利きの経営を成功させるための具体的な戦略として、組織文化の形成、リーダーシップのスタイル、リソースの配分、イノベーションプロセスの管理など、幅広いテーマについて詳細に解説しています。また、実際に両利きの経営を実践し、成功を収めた企業の事例を通じて、理論が実際のビジネスシーンでどのように応用されるかを示しています。

『両利きの経営(増補改訂版)』は、既存のビジネスを守りながら新しいビジネスチャンスを模索する方法を学びたい経営者、戦略立案者、イノベーターにとって、実践的な指南書となるでしょう。この本を通じて、読者は変化に強い、柔軟で持続可能な経営戦略を構築するための洞察とインスピレーションを得ることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次