【書籍紹介】誠実な組織 信頼と推進力で満ちた場のつくり方

【著者】ロン・カルッチ
【出版】ディスカヴァー・トゥエンティワン
【ジャンル】ビジネス

組織における「誠実さ」をテーマに掲げ、その重要性と実践方法を詳しく解説しています。著者のロン・カルッチは戦略的組織改革とエグゼクティブ・リーダーシップの専門家であり、ナバレント社の経営者です。15年以上の研究と3200件以上の企業インタビューを基に、組織および個人が誠実さを実現するための4つのテーマ―言葉と行動の一致、尊厳の尊重、信頼できる意思決定、大きな物語への導入―を提示しています。この本は、経営者やリーダー、全従業員が読むべき内容で構成されており、誠実な組織文化の構築に役立つ具体的なアイデアが満載です。

誠実な組織 信頼と推進力で満ちた場のつくり方 | ロン・カルッチ | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

「誠実な組織 信頼と推進力で満ちた場のつくり方」は、ロン・カルッチ著、弘瀬友稀訳の書籍で、組織行動学と3200件以上の企業調査に基づいて、現代の組織において最も必要とされる誠実さの在り方を探求しています。この本は、単に組織が直面する課題を挙げるだけでなく、誠実さを組織文化の根底に据えることで、信頼と推進力を高める方法を提案しています。

誠実な組織を目指す上で重要な4つのテーマを提唱しています。これらは、言葉と行動の一致、尊厳の尊重、誠実な対話を通じた信頼できる意思決定、そして全員を一つの大きな物語へと導くことです。これらのテーマを実践することで、組織は目的、公正、真実の3つの柱を兼ね備えた、より良い善を為す場所へと変革することができます。

ケーススタディや歴史的事例、経営陣や一般社員へのインタビューを通じて、誠実さが組織にどのような影響を与えるかを示しています。また、組織全体だけでなく、個人やリーダーとしての誠実さについても深く掘り下げ、具体的なアイデアと実践方法を提供しています。

経営者やリーダー、全従業員にとって必読の書であり、誠実な組織文化を築くための実践的なガイドとなるでしょう。この本を通じて、読者は誠実さを組織運営の核心に置くことの重要性を理解し、実際に行動に移すためのインスピレーションを得ることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次