【書籍紹介】両立思考 「二者択一」の思考を手放し、多様な価値を実現するパラドキシカルリーダーシップ

【著者】ウェンディ・スミス、マリアンヌ・ルイス
【出版】日本能率協会マネジメントセンター
【ジャンル】ビジネス・経営学

組織内で起こる矛盾やパラドックスに対する新しいアプローチを提案する。従来の経営学では「一つの正解」を求める択一思考が主流であったが、複雑化する現代社会では、相反する要素を同時に受け入れる「両立思考」が必要とされている。この本は、パラドックスをイノベーションの源泉として捉え、経営学の新たなパラダイムとして提示する。また、パラドックスを管理するための実用的な枠組みとして「ABCDシステム」を提案し、それを通じて多様な価値を実現する方法を探る。

両立思考 「二者択一」の思考を手放し、多様な価値を実現するパラドキシカルリーダーシップ | ウェンディ・スミス、マリアンヌ・ルイス | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

「両立思考 「二者択一」の思考を手放し、多様な価値を実現するパラドキシカルリーダーシップ」は、ウェンディ・スミスとマリアンヌ・ルイスによる、現代の複雑な問題に対する新しいアプローチを提案する書籍です。この本は、経営学の新たなパラダイムとして「両立思考」の重要性を説き、相反する価値観や目標をどのように統合し、イノベーションの源泉とするかを探求しています。

仕事と家庭、利益とパーパス、個人と組織など、日常生活で私たちが直面する様々なジレンマを例に挙げ、これらの緊張関係を解決するためには「どちらか一方を選ぶ」のではなく、両立する思考が必要であると主張します。彼らは、パラドックスを受け入れ、それを創造的な力に変えることができる「パラドックス・マインドセット」の育成を提唱しています。

パラドックス・マネジメントのABCDシステムを紹介し、それを実践することで、個人の意思決定、対人関係、組織リーダーシップにおいて、持続可能で包括的な解決策を見出す方法を示しています。このアプローチにより、読者は不確かな世界で多様な視点を持ち、より良い判断を下す力を養うことができます。

「両立思考」は、現代社会が直面する「やっかいな問題」に対するユニークな解決策を提供し、読者に新たな視野を開く一冊です。この本を通じて、読者は択一思考の罠から脱却し、より柔軟で創造的な思考を身につけることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次