【書籍紹介】成果を出す企業に変わる 組織能力開発

【著者】土井哲
【出版】幻冬舎メディアコンサルティング
【ジャンル】ビジネス・経営

元マッキンゼーのコンサルタントが、人材戦略と事業戦略を組み合わせて、企業の組織能力を最大限に引き出す方法について解説しています。組織のポテンシャルを最大限に活かすことが、どのような時代においても経営にとって重要であることを強調し、継続的に成長する組織を作るための実践的なアプローチを提供しています。

成果を出す企業に変わる 組織能力開発 | 土井哲 | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

「成果を出す企業に変わる 組織能力開発」は、経験豊かな元マッキンゼーのコンサルタントである土井哲による、組織変革を実現するための指南書です。本書では、経営戦略と人材戦略を連動させ、組織の潜在能力を最大限に引き出すための「組織能力開発」の重要性を説いています。著者は、日本企業が直面する終身雇用や年功序列といった従来の経営モデルの限界を指摘し、人的資本を資源として最大化する新しい経営手法の必要性を強調しています。

組織能力開発を通じて、企業が直面する様々な課題を克服し、持続可能な成長を達成するための具体的な方法論を提供しています。著者の豊富な経験と実践から得た知見を基に、組織全体を同じ方向に向かわせるための戦略的アプローチを紹介。また、多くの大手企業での実例を交えながら、組織変革のための実践的なステップを解説しています。

組織のポテンシャルを引き出し、変化の激しいビジネス環境で競争優位を確立するためには、経営層や人事部門だけでなく、全社員が組織能力開発の重要性を理解し、積極的に取り組む必要があります。本書は、そうした取り組みを成功に導くための実践的な知識とインサイトを提供し、読者に新たな視点をもたらします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次