【書籍紹介】学習する組織 ― システム思考で未来を創造する

【著者】ピーター・センゲ
【出版】日本経済新聞出版社
【ジャンル】ビジネス・経営

組織が持続的に成長し、変化に対応するための「学習する組織」の概念を解説しています。著者のピーター・センゲは、システム思考をベースに、組織内での共同学習の重要性とその実現方法について詳しく語っています。この本は、組織内のパーソナルマスタリー、メンタルモデル、共有ビジョン、チーム学習、システム思考といった五つの学習の規律を提案し、それらがどのようにして組織を変革し、革新的な成果を生み出すかを説明しています。

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する | ピーター・センゲ | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

「学習する組織 ― システム思考で未来を創造する」は、ピーター・M・センゲによる経営学の名著で、組織と個人の学習能力の重要性を強調し、持続可能な成長と変革を達成するための理論と実践を提案しています。本書は、組織が直面する複雑な課題に対処し、変化に柔軟に適応しながら進化し続ける「学習する組織」の概念を紹介し、世界中の多くの企業や組織で導入されています。

システム思考を基盤として、組織内での持続的な学習プロセスを通じて、個人の成長と組織の成長を相互に促進する方法を探求します。彼は、個人のマスタリー、共有ビジョンの構築、チーム学習、メンタルモデルの探求、そしてシステム思考の5つの学習規律を提唱し、これらが組織の学習能力を高め、創造的な解決策を生み出し、組織全体としての目的達成に貢献すると論じています。

管理者やリーダーだけでなく、組織のあらゆるレベルで働く人々にとっても、変化の激しい現代社会で生き残り、繁栄するための指針を提供します。センゲの深い洞察と豊富な事例研究は、読者に新たなマネジメントの視点をもたらし、組織が直面する課題を克服するための実践的なアプローチを示しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次