【書籍紹介】経営を教える会社の経営―理想的な企業システムの実現

【著者】グロービス、内田圭亮
【出版】東洋経済新報社
【ジャンル】ビジネス・経済

グロービスの経営システムについて詳述しており、人材育成や組織開発の実例を元に、理想的な企業システムの構築方法を解説しています。内田圭亮氏は、慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、アクセンチュア株式会社で経営コンサルティングに従事し、その後株式会社出前館の上場に寄与しました。現在は、グロービスのコーポレート・エデュケーション部門マネジング・ディレクター兼中国法人の董事として活動しています。

経営を教える会社の経営―理想的な企業システムの実現 | グロービス、内田圭亮 | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

『経営を教える会社の経営―理想的な企業システムの実現』は、経営コンサルティング会社が自らの経営実践を通じて、どのように理想的な企業システムを構築し、維持しているかを明らかにするビジネス書です。この本では、理論だけでなく、実際に成功を収めている企業の経営手法や戦略を具体的に解説し、他の企業がそれをどのように自社に適用できるかを示しています。

経営のプロフェッショナルとして、企業が直面する様々な課題を克服し、持続可能な成長を達成するために必要な要素を分析します。これには、組織構造の最適化、効果的なリーダーシップの展開、イノベーションの促進、従業員のモチベーション向上、顧客満足度の向上などが含まれます。

また、経営理念の確立から戦略計画の策定、実行に至るまでのプロセスを詳細に説明し、これらのステップを実際にどのように実行するかについて、実践的なガイドラインを提供します。著者は、理想的な企業システムの実現には、明確なビジョンと戦略、そしてそれを支える強固な組織文化が不可欠であると強調しています。

『経営を教える会社の経営』は、経営理論を学び、それを実際のビジネスシーンで応用したい経営者、起業家、マネージャー、そして経営コンサルタントにとって、貴重な洞察と実践的な知識を提供する一冊です。読者は、この本を通じて、自社の経営課題を見つけ出し、解決するための具体的な手法とインスピレーションを得ることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次