【書籍紹介】最強の調達戦略―成熟市場の企業収益力を向上させる経営手法

【著者】野田武
【出版】東洋経済新報社
【ジャンル】ビジネス・経済

企業のコスト競争力と収益創出力を考慮した調達活動の重要性に焦点を当てています。具体的には、企業の総コストの6〜7割を占める調達コストの削減や最適化に関する戦略とフレームワークを提供しています。また、グローバル調達への道筋として、A.T.カーニーの調達戦略の基本枠組みや具体的アプローチも紹介されています。

最強の調達戦略―成熟市場の企業収益力を向上させる経営手法「未来の可視化」 | 野田武 | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

『最強の調達戦略―成熟市場の企業収益力を向上させる経営手法』は、競争が激化する成熟市場において企業が収益力を高めるための調達戦略に焦点を当てたビジネス書です。この本では、コスト削減だけでなく、調達を通じて企業価値を最大化するための戦略的アプローチを提案しています。著者は、調達が単なる「買い物」の活動ではなく、企業戦略の核心部分であると主張し、その理論と実践方法を詳細に解説します。

効果的な調達戦略がいかにして企業の競争力を強化し、長期的な成長に貢献するかを、具体的な事例とともに紹介しています。著者は、サプライチェーン全体の最適化、サプライヤーとの関係構築、リスク管理、イノベーションの促進など、調達活動の多面的な側面に光を当てます。

また、調達部門が直面する現代の課題に対処するための戦略的な思考法を提供します。これには、グローバル化による複雑性の増大、環境および社会的責任の重要性の高まり、デジタル技術の活用などが含まれます。読者は、これらの課題を乗り越え、調達を通じて企業の収益性と持続可能性を同時に向上させる方法を学びます。

『最強の調達戦略』は、調達マネージャー、経営者、戦略立案者など、企業の収益力向上を目指すすべてのビジネスパーソンにとって、実践的なガイドとなるでしょう。この本を通じて、読者は調達の戦略的価値を再評価し、成熟市場での競争優位を確立するための新たな視点を得ることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次