【書籍紹介】コンサルティングの極意―論理や分析を超える「10の力」

【著者】岸田雅裕
【出版】東洋経済新報社
【ジャンル】ビジネス・経済

コンサルティングのプロフェッショナルが身につけるべき「10の力」について解説しています。著者は、自らの豊富なコンサルティング経験を基に、相談されるプロになるための知識や技術を提供します。具体的な力としては、共創力、好奇心、歴史観、忘れる力、恋愛力などが挙げられています。これらの力を通じて、相手との関係構築や、より効果的な問題解決方法などを学ぶことができます。

コンサルティングの極意―論理や分析を超える「10の力」 | 岸田雅裕 | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

「コンサルティングの極意―論理や分析を超える「10の力」」は、岸田雅裕著、経験豊富な戦略コンサルティングファームのトップが、コンサルタントに必要なスキルを超えた「10の力」を紹介する一冊です。この本は、単に論理的思考や分析能力だけではなく、顧客から信頼され、真に価値を提供するプロフェッショナルに必要な能力に焦点を当てています。

聞く力、先見力、献身力、突破力、巻き込み力、共創力、好奇心、歴史観、忘れる力、恋愛力という10の力を通じて、コンサルタントが顧客やチーム、そして自己との関係を深め、より大きな成果を生み出すための方法を提案します。これらの力は、顧客からの相談を受けることから始まり、クライアントの利益を最優先に考え、正しい方向へ導くためのものです。また、自己の限界を超えて考え抜くこと、人を巻き込み共にプロジェクトを創り上げること、そして常に新しいことを学び続ける好奇心を持つことが重要であると説いています。

若手のコンサルタントだけでなく、顧客や上司、部下という「クライアント」に助言をする立場のビジネスパーソン全てにとって、身につけるべき極意が詰まっています。著者は、論理や分析を超えたこれらの力を通じて、クライアントからの信頼を得ることで、「コンペなし」で選ばれる関係を築くことができると説いています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次