【書籍紹介】コスト削減の最強戦略―企業競争力を高める間接材コストマネジメント

【著者】遠藤昌矢
【出版】東洋経済新報社
【ジャンル】ビジネス・経済

企業の間接材コスト削減に焦点を当てたビジネス書です。経営陣のリーダーシップとコスト削済の重要性を強調し、プロ集団による2000社以上の成功実績を基にした間接材コスト削減の実践的アプローチを提供します。インフレの影響を受ける企業にとって必読の内容とされています。

コスト削減の最強戦略―企業競争力を高める間接材コストマネジメント | 遠藤昌矢 | Amazon

ボクガ ショセキジョホウヲ サポート シマス

『コスト削減の最強戦略―企業競争力を高める間接材コストマネジメント』は、企業のコスト構造を効率化し、競争力を高めるための具体的な戦略と手法を提供するビジネス書です。特に、多くの企業が見落としがちな間接材コストに焦点を当て、これらのコストを効果的に管理し削減することで、企業の収益性を大幅に向上させる方法を解説しています。

間接材コストとは、生産活動やサービス提供に直接関わらないが、企業運営に必要不可欠な費用(例えば、オフィス用品、通信費、保守費など)を指します。本書では、これらのコストがいかにして企業の利益を圧迫するか、そしてそれを効率的に管理することでどのように利益を改善できるかを、豊富な事例とともに紹介しています。

間接材コストを削減するための戦略として、購買プロセスの最適化、サプライヤーとの交渉戦略、契約管理の改善、消費の可視化と分析、内部プロセスの効率化など、多角的なアプローチを提案します。また、これらの戦略を実行する上での実践的なヒントや、組織内でのコスト意識の醸成方法についても触れています。

『コスト削減の最強戦略』は、コスト削減を単なる一時的な取り組みではなく、持続可能な企業成長のための戦略的な取り組みとして位置づけ、読者にその重要性と実践方法を伝えます。この本を通じて、経営者、財務担当者、購買部門のプロフェッショナルなど、あらゆるビジネスパーソンが、企業のコスト構造を見直し、より競争力のある組織を構築するための知識とインスピレーションを得ることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次