【2021年版】オーディオブックおすすめベスト3!|ビジネス・勉強にも最適

オーディオブック

【オーディオブックおすすめ特集】
オーディオブックは、ベストセラーや名著を耳で聴いて楽しむことができます。通勤やランニングなどの運動中に聴けるので、忙しいビジネスマン・ビジネスウーマンにおすすめです。耳で聴く読書として注目を集めるオーディオブックのおすすめを紹介します。

オーディオブックとは?

オーディオブックとは耳で聴く本です。
声優やプロのナレーターが作品を読み上げるので、目を使わずに読書を楽しめます。
通勤や家事の間に聴くのにも最適で、人気が高まってきています。

メリット:オーディオブックの特徴

メリット① スキマ時間に聴ける

オーディオブックを活用して、通勤やランニングなどの運動中などのスキマ時間で本を聴いたりインプット・勉強することができます。

メリット② 多くの本と出会える

『もっと多くの本を読みたいけど読む時間がない』
『書籍を購入しても読まずに積読してしまう』
という悩みを抱えている方には、オーディオブックがオススメです。 耳で聴くだけで本を読むことができるので、読書量を増え、多くの本と出会うきっかけになるでしょう。

メリット② 目を休めることができる

『仕事でパソコンに向かっているので目が疲れてしまう』
『電子書籍だと目が疲れやすい』
と感じる方も多いと思われます。 オーディオブックなら目を休めながら本を読むことができます。

メリット④ 聴き取りやすく、理解しやすい

オーディオブックはプロの声優・ナレーターが本を朗読するので、スマホなどの音声読み上げ機能と比べ、音声を聴き取りやすいのが特徴です。
また、声優・ナレーターの臨場感のある語り口により、書籍の内容に集中しやすいメリットがあります。

デメリット:オーディオブックの注意点

デメリット① 解約すると本を聴けない

オーディオブックサービスを解約すると本が聴けなくなる場合があります。解約後も聴けるかは月額聴き放題プランや単品購入などの購入方法によって異なります。
単品購入してMP3データでダウンロードしておけば聴き続けることができるケースや、月額聴き放題プランでダウンロードした作品は解約後に聴けなくなる、などの違いがあるため、解約後のリスクも事前にチェックしておきましょう。

デメリット② 全体像を把握しずらい

オーディオブックは、ナレーターが全ての文章を丁寧に読み上げていきます。全体の流れをつかむために細かなところを飛ばして読む斜め読みには向きません
書籍の全体像を短時間で掴むにはオーディオブックよりも、文字で読むほうが効率的かもしれません。

選び方:オーディオブック比較ポイント

興味のあるジャンルのタイトル作品数・配信コンテンツ数

audiobook.jpの2019年版ビジネス書オーディオブックおすすめラインナップの画像。

オーディオブックサービスは配信作品数が多さがポイントです。とくに、自分の興味があるジャンル・カテゴリの作品が充実していることが重要です。
サービス申込み前や無料お試し期間に、興味があるジャンルの作品数をチェックしてみましょう。

アプリ再生・便利機能の使いやすさ

Google Playブックスのビジネス書オーディオブックおすすめ画像。 声優が7つの習慣(フランクリン・コヴィー)を語りかける画面。倍速機能など利用できる。

オーディオブックアプリの音声を聴くときに重要なのが、読み上げ速度調整・再生スピード調整機能です。
オーディオブックは、多くの人に聴きやすいよう、プロの声優・ナレーターがゆっくりとした速さで朗読しています。そのため、短時間で効率的に本を聴きたい人は、倍速機能や読み上げる速さを調整して聴ける機能が自分にとって便利かチェックしましょう。
また、無料お試し期間中にバックグラウンド再生の操作のしやすさも確認しておくとよいでしょう。

聴き放題プランと単品購入の違い

オーディオブックサービスには、月額聴き放題プラン単品購入の、主に2つの利用方法があります。

月額聴き放題プラン
「多くの本をオトクに読みたい」
「様々な本の気になるパートだけを読みたい」
「試し聴きの中から精読すべき本を見つけたい」
という方に便利なプランです。小説・文学、文芸・落語、ベストセラー、ビジネス書など、多くの本を読みたい方におすすめです。

単品購入は、
「少ない冊数の本を精読したい」
「多くの本を読めるか不安」
「複数のオーディオブックサービスを併用したい」
という方に便利な購入方法です。語学や実用書など、繰り返し聴くことが多いジャンルなどでおすすめです。

3つのおすすめオーディオブック

国内のオーディオブック配信サービスは、audiobook.jp(オーディオブック)Audible(オーディブル)Google PlayブックスApple Bookskikubon(キクボン)himalaya(ヒマラヤ)などがあります。
これらの中から、ユーザー数が多く人気の高いおすすめオーディオブックサービスを解説します。

① audiobook.jp(オーディオブック)

audiobook.jp(オーディオブック、旧febeフィービー)のトップページcaptcha画像。 何冊でも聴き放題、ポッドキャスト、影響力の武器などベストセラー・名著の作品画像が並んでいる。

audiobook.jp(オーディオブック)』は、株式会社オトバンクが運営するオーディオブック配信サービスです。会員数は100万人を突破(※2019年10月)27,000作品以上のコンテンツを配信している日本最大級のオーディオブックサービスです。

audiobook.jpがスタートしたのは2007年。当初は「FeBe(フィービー)」というサービス名でしたが、2018年3月19日に「audiobook.jp(オーディオブック)」へ名称を変更しました。

audiobook.jpの人気理由は徹底したコンテンツ品質

audiobook.jpのコンテンツ制作は、ユーザーが聴きやすいようにコンテンツ品質・聴きやすさへ徹底されています。本のイメージにあわせてナレーター・声優を選出して、朗読をくり返し収録して、良いテイクを編集で組み合わせています。

また、ユーザーが本の内容を理解しやすいよう1秒単位で情報量を調整。短時間に情報量を詰め込みすぎると、ナレーターが語りかける内容に聞き手の理解が追いつかなくなります。そのため、聞き手が内容を理解しやすいよう、朗読の速度が調整されています。

audiobook.jpおすすめのビジネス書

audiobook.jpのコンテンツは解約後も聴ける?

audiobook.jp解約後のコンテンツ利用については、プラン・単品購入により条件が変わります。詳しくは下記のaudiobook.jpヘルプを参照してみてください。

audiobook.jpのサービス概要

料金プラン聴き放題プラン月額会員プラン、単品購入
配信作品数約27,000コンテンツ
ジャンル ビジネス・自己啓発・教養・語学/リスニング・実用/資格・小説
文芸/落語・ラノベ/アニメ/ラジオドラマ・講演会・ロマンス ・ポッドキャスト
再生機能速度調整、バックグラウンド再生機能、リピート、タイマー
無料お試し初回30日間無料お試し聴き放題
利用環境オーディオブックアプリ:
 Google Play(Androidアプリ)/Appstore(iPhone/iPadアプリ)
PCブラウザ:Windows/Mac

② Audible(オーディブル)

Amazonオーディオブック Audible (オーディブル)のトップページcaptcha画像。 メンタリストDaigoの超集中力、サピエンス全史などのベストセラー・名著の作品画像が並んでいる。

Audible(オーディブル)』は、Amazonが運営するオーディオブック配信サービスです。Audibleはアメリカで開始されたサービスで、2015年から日本でも配信が開始されました。

Audible(オーディブル)はアマゾン・Kindleユーザーにおすすめ

Audibleには公式サイトと、Amazonの中のサービスサイト「Audible (オーディブル) ・ オーディオブック」と2つのサイトがありますが、どちらもAmazonアカウントで共通のサービスを利用することができます。Amazonアカウントをお持ちならすぐにサービスをスタートできます。

Audible(オーディブル)おすすめのビジネス書

Audible(オーディブル)のコンテンツは解約後も聴ける?

Audible(オーディブル)退会後のコンテンツ利用について、購入したタイトルは聴くことができます。 ただしAudible会員を退会すると、コインなどの会員特典は失われるため注意しましょう。

※関連リンク:Audibleヘルプセンター『退会したら購入したタイトルやコインはどうなりますか』

Audible(オーディブル)のサービス概要

料金プラン会員プラン、単品購入
配信作品数40万冊以上(海外コンテンツ含む)
ジャンルビジネス・自己啓発・教養・語学/リスニング・実用/資格・小説
文芸/落語・ラノベ/アニメ/ラジオドラマ・講演会・ロマンス ・落語
再生機能速度調整機能、バックグラウンド再生機能、スリープタイマー
無料お試し初回30日間無料体験プラン
利用環境オーディオブックアプリ:
 Google Play(Androidアプリ)/Appstore(iPhone/iPadアプリ)
PC:Windows/Mac(ストリーミング)
詳しくはこちら↓

③ Google Playブックス

Google Playブックスのトップページcaptcha画像。 メンタリストDaigoの超集中力、アウトプット大全・洋書などのベストセラー・名著の作品画像が並んでいる。

Google Playブックス』は、Google Play書籍&マンガのサービスで利用できます。電子書籍とオーディオブックの両方のコンテンツを利用できるのが特徴です。

Androidアプリに加え、iOSデバイス向けアプリもあるので、iPhoneユーザーで利用できます。

ちなみに、iPhone・iPad・Macユーザーはiosの『Apple Books』というブックアプリを利用できます。このサービスはiOSデバイス向けアプリのみ対象なので、Androidアプリはありません。スマホをiPhoneからAndroidに機種変更するとApple Booksを利用できなくなります。

Google Playブックスおすすめのビジネス書

Google Playブックスのコンテンツは解約後も聴ける?

Google Playブックスで購入したタイトルは退会後も聴くことができます。 。
※参照:購入したタイトルやコインはどうなりますか

Google Playブックスのサービス概要

料金プラン単品購入のみ
配信作品数非公表
ジャンル ビジネス・自己啓発・教養・語学/リスニング・実用/資格・小説/文学
文芸/落語・ラノベ/アニメ/ラジオドラマ・講演会・ロマンス
再生機能速度調整機能(0.5倍速~3倍速)、バックグラウンド再生機能、
無音スキップ、スマート再生、スリープタイマー機能
無料お試し無料お試し期間なし(全作品サンプル視聴可能)
利用環境オーディオブックアプリ:
 Google Play(Androidアプリ)/Appstore(iPhone/iPadアプリ)
PC:ブラウザ(ストリーミング再生)
詳しくはこちら↓
タイトルとURLをコピーしました